AKB48バラの儀式を攻略

2012年に登場し、RTCによる一斉演出を確立したCRぱちんこAKB48の第2弾がリリースされています。

今作でもチームサプライズ1時間に1回チームサブライズ公演を行いますが、新公演となるバラの儀式公演の前後でメンバーによる影アナが流れたり、スペシャルMCによる様々なトークなども小さいビジョンでありますので、ライブの臨場感が一層高まります

そして公演の30分後にはビンゴやクイズなどのサプライズゲームが発生します。今作ではイベント中にいきなり大当たりというケースもあります

前作同様にライトミドルタイプとなっており、MUSIC RUSHへの突入率は50パーセントとなっています。

今作は図柄揃い以外にもSKE図柄によるランクアップボーナスや、NMBによる特殊演出であるNMBてっぺんチャレンジによってMUSIC RUSHへすることもあります

さらに前作では8ラウンドだと通常大当たりのみとなっていましたが、僅かながらに8ラウンドでもMUSIC RUSHへ行くことができるようになりました。

MUSIC RUSH中の収録曲は前作の60曲以上となっており、ほとんどが新曲となっています。またチームサプライズの楽曲も12曲全てが新曲となっていますので、毎週楽しめることでしょう。

なお前作でチームサプライズのメンバーとなっていた前田敦子関連の演出が発生するとプレミアという、過去のファンにとっては嬉しい演出があるのも魅力的です。そして春からはシリーズ初の甘デジタイプがリリースされることになっています。

基本スペック

 

 

AKB48バラの儀式のスペック評価

「AKB48」の第二弾となる「AKB48バラの儀式」、1種2種混合機で大当たり確率は約1/199のライトミドルスペックとなる。

前作に比べて、ラウンド振り分けが改善され、甘めの台に生まれ変わったようだ。同機種は0R、4R、6R、8R、10R、15Rとラウンド数の振り分けが豊富であることが特長である。

前作の3&10&14(15C)の賞球数とカウントが3&15(9C)へと変更されたことから、出玉数自体は減少しているが、一方で前述したラウンド数の振り分け種類のうち、6Rおよび10Rの追加により、前作と比べて甘い印象を持つ

最大ラウンド数である15Rの比率は約50%、ライトミドルスペックでありながら、15Rでの出玉は約2025発と2000発OVERを誇る。

AKB BONUS、あんにんBONUSなどの各種大当たりから確変である「MUSIC RUSH」への突入率は約50%で、「NMBてっぺんチャレンジ」のみ、成功で直接「MUSIC RUSH」へと移行する。

「MUSIC RUSH」の継続率は約72%でラウンド数に応じて、0発、540発、810発、1080発、1450発、2025発と上下の振れ幅が大きいことから、15Rの獲得が出来るか否かが収支を左右することになる。1/2の抽選をかいくぐり、上手く15Rに偏ることを期待したい。

ライトミドルスペック機としては、他機種で大当たり後、100%確変もしくは100%ST突入といったスペック機種も設置されているため、安定的な台であるとは言い難いかもしれない

しかし、ライトミドルとしては出玉数が多いため、初当たりの軽さや1回当たりの出玉数を重視する人にとっては適している機種だろう。

5大激アツ演出だけでない様々な注目演出を知る

AKB48バラの儀式の通常時は大当たり確率が199分の1のライトミドルということで、チャンス予告が色々と出てきます。

しかしある程度複合していなければ意味がありませんので、注目演出と含めてチェックをしていかなければなりません。

まず通常時の回転で何度も見ることができるのが同色図柄の停止です。青が最も弱く、緑やピンクが若干チャンスとなっています。

そして3と7の赤図柄で停止すると、次の回転に期待することができるでしょう。そして金図柄となっているSですが、中央に停止すると大チャンスとなります。

このS絵柄がテンパイすると、これだけで大チャンスとなります。さらにMUSIC RUSHまで進展する確率もアップしていきます。同じように7図柄でリーチになっても同様に期待していいでしょう。

他にも回転中の演出を見ていくと、出しておきたいのが緊急告知演出です。この演出は次の発展先を示唆することがありますので、内容に注目していきましょう。

そしてじゃんけん大会へと発展する煽りを何度も見ることができる台を選択できると、大当たりが近くなっていきます。じゃんけん大会は進展次第で一気に当たることもありますので、期待したいところです。

リーチでは弱めのアニメ系などのリーチから発展できますので、間口は広くなっているといえるでしょう。

マイソングリーチでは最初に選んでいる推しメンの歌が流れると、激アツとなっていきます。その後の48秒物語リーチへの発展を期待しましょう。

2000発を狙うMUSIC RUSHへの突入契機

一回の当たりで2000発を期待することができるMUSIC RUSHへの突入契機は様々です。

図柄が揃って大当たりとなるAKB BONUSでチャレンジすることになる「MUSIC RUSH CHALLENGE」を成功させたり、じゃんけん大会CHANCEで成功後に突入していくじゃんけんBONUSで決勝戦で勝利を収めるといった方法があります。

いずれも確率は2分の1を切りますので、厳しい時には何度も8ラウンド通常大当たりに出くわすことになります。今作では8ラウンドでMUSIC RUSHへ入る確率も若干ながらあります。

そしてMUSIC RUSHへと入ると継続率はおよそ72パーセントとなっています。前作と継続率は変わりませんが、注目したいのが演出や振り分けになります。

振り分けは前作同様に大当たりの半数が出玉およそ2000個となりますが、ランクアップボーナスで2000発獲得できるケースもあります。

さらに玉をアタッカーへ入れている最中に全回転演出が発生することもあります。いずれもS図柄停止となり、こちらも2000発を獲得できるようになります。

MUSIC RUSHで8ラウンド通常大当たりを獲得すると、通常状態に戻っていきます。

アンコールモードではミニゲームを楽しみながら回していくことになりますが、確立は通常となっていますので、MUSIC RUSHが終了したら、すぐにやめても問題ありません。

最低でも1000発は確保できるようになっていますので、厳しいようならば次の台を探してみるのもいいでしょう。

通常時に複数絡ませたい5大激アツ演出とは

AKB48バラの儀式の注目演出については全部で5つありますが、3つ以上絡めば大当たりに近づいていくことでしょう

しかし2つ以下だと発展次第となりますので、気を抜かずにチェックをしていくようにしましょう。注目演出で回転中に見ていきたいのがゼブラ柄です。

一回出るだけでも信頼度は40パーセントを超えていきますので、期待をしていきましょう。リーチ成立時などではミニキャラ群が発生すると大チャンス到来です。

リーチ中などでは推しメン超絶カットインやローズ48フラッシュに注目です。いずれもリーチ発展時などで登場しますので、その後の内容が大きく変わっていきます。

またリーチではチームサプライズSPSPリーチに発展していくと大チャンスとなります。弱めの演出からでも発展していきますので、決して発展の期待がないと諦めないでください

今作ではAKB48グループとしてSKE48とNMB48が登場することでも知られています。そして各グループのボーナス演出もあり、それぞれがMUSIC RUSH突入することが決定されています。

SKE48はランクアップボーナスとなりますので、出玉ありとなっています。一方NMBは突然確変となりますので、すぐにMUSIC RUSH突入となります。

特殊ステージとなるあんにんこと入山杏奈が登場するステージでは、SPSPリーチとして天柱おしおきSPSPリーチがあります。このリーチに発展したら期待しましょう。

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)