牙狼金色になれを攻略

ロングSTの中で「牙狼スペック」と呼ばれる機種が増えてきました。そのきっかけとなったサンセイR&Dよりリリースされている牙狼シリーズの最新作として、「CR牙狼金色になれ」があります。

主人公が冴島鋼牙から道外流牙に代わり、世界観が全く新しくなっている機種となっています。

しかし世界観が単に変わっただけでなく、牙狼専用枠となる金狼が目を引いていきます。

とにかくインパクトのある出っ張りが多い台の右側には牙狼が戦う時に使用する牙狼剣が役物として存在しています。要所要所で押し込む演出が発生します。

また丈夫には大きな出っ張りがありますが、この上から牙狼シリーズでお馴染みの顔の役物が立体的に登場します。これがパーフェクトフェイスオブ牙狼といわれ、期待度は最高潮に達することでしょう。

スペックは前作とほぼ変わらないのですが、STである「ヤミテラス」は161回に増加しています。

ST中の大当たりは全て2000発獲得できるようになっていますが、初回大当たり時では復活大当たりとなる15ラウンドが全体の10パーセントとなっています。

確変継続率は77パーセントで、一度ツボにハマれば大量出玉を狙っていくことができます

そしてST中ではV入賞で大当たりとなる、初代牙狼を彷彿とさせる演出の「初代チャンス」があったり、大当たりの段階で保留連を確定させる「スーパーガロボーナス」があります。

通常時は信頼度60パーセント以上のGARO保留や、タイトルのエフェクトが赤以外なら大当たり濃厚という「邪竜ザジリーチ」といったものが注目です。

基本スペック

 

 

牙狼金色になれのスペック評価

「牙狼金色になれ」はシリーズ機もいくつか展開されている“爆発力”ある台として定評を得ている機種である。

通常時の大当たり確率は1/399.6のMAXタイプであるが、確変中の大当たり確率は1/109.59とMAXタイプにしては非常に低確率な印象を受ける。だが、この確変中の大当たり確率には理由がある。

冒頭で触れた“爆発力”に大きく関わるラウンド数が確変中はすべて16Rのみとなっており、確変中に当たりを引けば、100%、約2000発を誇る出玉数が約束されることになるのである。

さらに、ラウンド数が優遇されているのは、確変中だけではない。通常時の大当たりにおいても、約157013Rが49%、16Rが41%、約1820発の15Rが10%といずれのラウンドを獲得しても1500発オーバーの大量出玉が見込める仕様となっている。

大量出玉のカギを握るST「ヤミテラス」への突入は3・5・7の図柄揃いのほか、初回大当たり後の獲得率51%の「魔戒CHANCE」中のV入賞が契機となっており、V非入賞時は100回転の時短となる。

また、ST「ヤミテラス」に突入すると161回転のロングSTが約束され、継続率は77%と期待の持てる数値となっている。

ST中の当たりは前述した通り、すべて16Rであるため、出玉増加のスピードは凄まじく、現行MAX機種の中でも大量出玉を目指すには、まさにもってこいの機種であると言える。

しかし、その“爆発力”と引き換えに確変中の大当たり確率が非常に低確率であることやそもそもの確変突入への壁が高いことなどリスクも大きい。

確変中は1/40あたりの大当たり確率が設定されていることが多いMAX機種である分、ST中に当たりを引きにくく、STに突入したとしても、単発で終わってしまう可能性も考えられるほか、ST非突入の場合も投資だけが嵩んでしまう。

大量出玉獲得への近道となるかもしれないが、基本的なスペックは非常に辛めであると思っておいたほうがよさそうだ。

牙狼SPリーチで把握しておきたい注目点

牙狼SPリーチは全部で7種類用意されています。リーチ発展時にゴールドビックエンブレム役物が完成した段階で、大チャンスの金色牙狼SP系へ、完成しない時はチャンスの漆黒牙狼SPリーチに発展します。

金色牙狼SP系では邪竜ザジリーチが信頼度50パーセント近くあり、漆黒牙狼SP系ではブーケリアリーチがチャンスとなります。

リーチ時では様々なポイントがあります。まずはタイトルのエフェクトです。青や緑はチャンス赤だと激アツになりますがレインボーで当確となります。

リーチが進行している時に「3D GARO Vision」が時折付きますが、後半で赤い3D GARO Visionが登場すると当確になりますので、期待をしておきましょう。

また漆黒牙狼系のSPリーチで牙狼剣役物を差し込む指示が出ても大当たり確定です。したがって弱いリーチがかかった時は最後の演出に注目した方がいいでしょう。

リーチ進行中には様々なところに注目した方がいいでしょう。例えばボタンが時折動くことがありますが、そこでボタンを押すとレインボーに輝くことがあります

当然ながら、これも当確となっていきます。また左下にある保留にも注目してください。太い剣である斬馬剣の保留がありますが、この時リーチ中に変化することがあります

細い剣でもミニキャラの符礼によって下の盤面の色が金色で斬馬剣の保留に変わります。これも当確となりますので、途中も目が離せません。リーチが外れた後も図柄が4回以上振れることによって復活大当たりとなります。

牙狼金色になれで大当たりに近づくポイント

牙狼金色になれはマックスST機となっていますが、様々な演出が用意されています。中には当確演出もありますので、注目しながら回していくといいでしょう。

とにかく回しづらい機種となりますので、1000円で等価ならば16回転以上が望ましいです。

そんな牙狼金色になれの通常時の演出を見ていくと、何と言っても擬似連に注目です。擬似3連が大当たりには近づくということを忘れてはいけませんが、その動き方にも注目しなければなりません。

漆黒の牙狼が飛んでくるのが最も弱いですが、最初から轟天という馬に乗っている状態ならば、牙狼SPリーチ発展が濃厚となります。

加えて回転開始もしくは途中で牙狼の顔が浮き出てくる「3D GARO Vision」も注目です。基本は白の2Dですが、チャンスアップとなる緑や赤になると発展の期待をしていいでしょう。

しかも赤のビジョンが連続してリーチ成立時に起こると、上部より「Perfect face of garo」が登場し、大チャンスが到来します。

擬似連しやすい演出を見ていくと、シリーズを通して期待することができるタイトル予告が頻発するといいでしょう。

黒背景に白抜きで牙狼と表示されるとガセの可能性がありますが、それ以上だとリーチ発展は確定です。

さらにライターで燃やして表示される文字にも注目です。最も弱いのが「大願」で、それ以外だとチャンスアップです。

天運で期待度は5割近くになりますが、ここで「Victory」や「闇を照らすもの」と出ると大当たり確定です。

時短やSTでチェックしておきたいポイント

見事大当たりを引き当てた時、金図柄である3と5そして7だとST行きが確定です。その他は抽選が行われ、2分の1の確率でST行きとなります。セグを見れない方は演出に注目です。

2種類ありますが、いずれに共通するのが危機回避時にボタンが震えていたり、赤い3D GARO Visionが登場すると確定です。

そして時短もしくは161回転限定のST「ヤミテラス」へ突入します。STでは最初の61回転では即大当たりを見込めるゾーンに入りますが、ここでは保留に注目です。

回転する保留がありますが、これが時計回りだと大当たりが確定します。そして上部から降ってくる光の色が青の時にリーチへ発展すると確定となります。

連続する演出にも注目です。またリーチになるかどうかで降ってくる剣が太い斬馬剣ならばリーチ確定となります。

そして時短含め残り100回転はホラーバトルなどの演出が中心となりますが、ここでもポイントは青系の演出です。

赤で大チャンス、金で当確というイメージを持つ方が多いですが、青系の演出が絡んでリーチになると、その時点で当確です。

しかし単体でリーチになる確率は極めて低いため、複合して強めの演出がかかることを期待しましょう。ホラーバトルになった時は危険度に注目しましょう。

1だとプレミアで大当たりとなります。連チャンすることで到達できるスペシャルエンディングは、1stバトルが尊師ならば尊師と燕邦そしてリベラを倒して15連以上、ゼドムであれば9体のホラーを倒して15連以上で発生となります。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)