機動戦士ガンダム作戦発動を攻略

2013年にリリースされ人気を集めた機動戦士ガンダムシリーズ第2弾がリリースされました。

今作は前作のマックスSTタイプではなく、3回大当たり1セットのライトミドルスペックで登場となりました。

大当たり確率は199分の1となっており、図柄が揃うだけでなく右下にあるギミックでVゾーンに玉が入ることで右打ちで最高出玉約1800発を狙っていくことができるモード、G-RUSHへ突入することができます

ところが100回転限定となっているG-RUSHですが、最終回転で発生する演出で成功すると、電チューサポートが大当たりまで続く無限G-RUSHに入ることもできます

スペックは必ず3回当たるまでは確変状態となりますので、G-RUSHを抜けていっても確変状態が続いていきます。その反面3回大当たりをした時には必ず通常状態に戻ってしまいますので注意しなければなりません。

そんなG-RUSHは前作のようにガンダムが戦っていくだけでなくジオン軍モードとしてシャアを操作していきながらG-RUSHを進めていくことができます。

G-RUSH突入率はおよそ75パーセントとなっていますが、ループ率は85パーセントと高くなっているのが特徴的です。

通常時では保留で赤保留であったり、レッドコメットが登場してくると大チャンス到来となりますが、リーチが外れた後にV作戦チャレンジへとつながっていく演出も発生しますので、リーチが外れてもがっかりすることがありません

基本スペック

 

 

機動戦士ガンダム作戦発動のスペック評価

「機動戦士ガンダム」とのコラボレーション第二弾機種となる「フィーバー機動戦士ガンダム‐V作戦発動‐」は大当たり確率約1/199.8の遊びやすいライトミドルスペック機種となっている。

同機種は100回転のST「G-RUSH」を搭載し、ST中の大当たり確率は約1/77.7という高確率である上に、突入率も約75%と比較的高い。

同機種の最大の特徴でもあり、他機種との大きな違いは、ST機でありながら、次回大当たりが確定する「無限G-RUSH」を搭載していることがポイントとなっている。

通常のST機では規定回数内に大当たりを引くことが出来なければ、通常確率に戻る。

一方、同機種搭載の「無限G-RUSH」では、その名の通り、次回大当たりまでSTが継続する仕様となっているため、残り回数を気にする必要がない。いわば、確変機種と同じ仕様となる。

平均継続率も約85%とMAXタイプ並みの鴻継続に期待が持てる。また、ST中の16ラウンド獲得時の出玉も約2016発とライトミドルスペックとしては群を抜いた高出玉性能である。

電チューのラウンド数振り分けでは、次回大当たりが確定する「無限G-RUSH」の16Rが24%、ST100回転の「G-RUSH」の16Rが36%となっており、両方合わせた16R比率は60%にも上る。

残りの40%は、4R確変(無限G-RUSH)が16%、4R確変(G-RUSH)が24%となっている。

4R獲得時の出玉は約500発であるため、4Rに偏ってしまうと、連装しても出玉数は伸びない可能性がある

しかし、前述したラウンド数振り分けを見ると、40%の高確率で「無限G-RUSH」を獲得出来ることが分かり、「無限G-RUSH」のループで出玉数を伸ばすことにも期待出来ることから、比較的甘めの台と言っていいだろう。

初当たり後、まずはST「G-RUSH」に突入し、いかに「無限G-RUSH」を獲得出来るか、その中で16Rを獲得出来るかがカギとなりそうな機種である。

「無限G-RUSH」他機種にはない斬新な機能であるだけに、一度試してみたいところだ。

機動戦士ガンダムV作戦発動のメカニズムなど

前作のSTタイプと異なり、3回1セットの大当たりシステムを搭載して登場している機動戦士ガンダムV作戦発動は、大当たり199分の1のライトスペックとなっています。

ただ他のライトミドルと異なるのが、通常に入賞させていくヘソの返しが1個しかありませんので、玉の減り方が早くなってしまうことがあります

そのため回転数だけでなく、演出が多めに発生していくことを見込める台を選択していかなければなりません

通常時の演出としては保留変化に注目していきましょう。赤やレッドコメットに変化していけばチャンスとなります。

保留を変化していく機体も前作同様に重要となっていきますが、コア・ブースターであったりホワイトベースが登場すると一気に保留が変化していくチャンスとなります。

これがレッドコメット保留となることを祈りましょう。また12機のリックドム予告では、全て撃破することを願いましょう。

ウインドウステップアップ予告などでは赤色の演出が登場すればチャンスアップとなりますので、擬似連などで発展していくと期待できます。

擬似連では倍速連続予告やギレン演説連続予告が信頼度が高めになっています。

そして前作と同じように期待できるモードとして搭載されているのがガンダムモードです。

突入したところで激アツとなりますが、大当たりの王道となっている連続予告に発展していく確率が高くなっていきます。ライトミドルですので、何度も突入することもありますので期待してみましょう。

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)