スロットのDDT打法を利用する

スロットをする際、雑誌などのよく目にするDDT打法で是非、回したい。このDDT打法と言うのは子役の取りこぼしをなくすためのものです。例えばチェリーなんかはリプレイ等と違い目押し(狙って)をしなければ外します

このチェリーで4枚獲得するのなら1回のミスで80円損していることになります。これを1日5回外せばそれだけで400円の損をします。スイカで8枚を5回外せば800円損します。両方で10回外せば1日に1200円せっかく子役成立していても損をしたことになります。結構大きいですよね。

1ヶ月に8回行けば9600円、1年で11万5200円の違いです。DDT打法は1回なら別に構わなくてもたくさんパチンコをする人にとっては大きく差が出る打ち方なのです。

何も考えずに打つ方法を通称おやじ打ちと呼ばれるのですが、通いとおすならこの打法は絶対に利用すべきです。スロット攻略はまず、子役をそつなく取れるかどうかに掛かっています。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)